2017年4月26日水曜日

レクチャー会










今日は今年から特任講師としてセイカへ来られている、中村裕太さんのレクチャー会がありました。



中村さんは毎週水曜日には立体造形コースで4回生を担当しており、今回学生へ自己紹介を兼ねたレクチャーをしていただきました。






中村さんはセイカの陶芸コース出身で、ドクターまで行かれた先生です。
卒業後は、器やオブジェとしての陶芸ではないアプローチを模索されてきました。






↑は制作の一環として街中へ出て行き外壁等に使われているタイルを撮影していった、という一枚。
剥離して剥がれていってしまったタイルと家主の方や左官屋さんが補修して、最初の状態とはまた違う仕上がりへ変わる。
似たようなタイルを合わせていたり、よりアクセントを加えた補修していたり。
新たに加えられる"手つき"が気になり、写真で記録をしていっている中村さん。






こちらは中村さんの作品である「タイルとホコラとツーリズム」のネタになってくる街中に点在するお地蔵さんを祭ってある祠。
モルタル造りをよく見かけますが、その中でタイルを使って土台を飾ってあるものや、タイルで装飾された昔の流しをひっくり返して作られているもの、家の壁に埋め込まれているもの等よく観察してみると面白い祠がたくさんあるようでした。
その面白さを生かして作品にし、鑑賞者へ新しいものとしてみせてくれます。








専任の先生方とはまた違う視点を持ったとてもユニークな先生ですので、学生の興味を上手く引き出して伸ばして行ってもらいたいです。













ノジマ

2017年4月19日水曜日

2017年度の授業が始まりました





先週から2017年度の授業が始まりました。
今年はカリキュラムが変わってコースに1回生はいませんが、学生達は年度始まりから精力的に制作に励んでいます。








グループ展へ向けて制作を行う3回生の学生。
自分の体以上に大きな丸太をチェーンソーで削って制作中です。

2回生は材料実習が始まって、現在は鉄の実習中です。













最初は鉄板を組み合わせてキューブを作るところから始めます。
それが終わると、各自テーマに沿っての制作に入っていきます。












初めて使用する鉄と、溶接という技法に苦労しながら作品を制作していきます。













こちらは4回生の学生です。
彼はずっと素材でガラスを使用して制作をしており、今回も自主制作でガラスを使用します。










6月に内田教授がオーストラリアへ作品を出品をするにあたって、彼も一緒に同行し作品を出品する予定です。





















工房では続々と学生が自主制作に励んで、とても活気付いています。
来月には各学年合評が控えているので、このまま頑張って欲しいですね。











ノジマ



















2017年2月9日木曜日

3回生進級制作展搬入




今日は3回生の進級制作展の搬入でした。




朝の9時に集合してトラックに積み込み開始です。
生憎のお天気で雪が降る中の搬入になってしまいました。












皆で協力して大きな作品からトラックに積み込んでいきます。






重量のある作品はリフトで荷台へと運びあげます。


作品を全てトラックに積み込み終え、トラックが出ると同時に学生も会場へと移動です。





展覧会会場である元・立誠小学校に到着して設置に移ります。







各自の展示スペースで作品を広げて空間に合わせて、配置を決めてどんどん展示を進めていきます。








野外展示の学生は雨が降る中の設置です。
鉄の作品を設置するために杭を打つそうで、写真はその配置決めの最中。












搬入初日である程度皆作品の設置が決まり、あとは明日微調整と最終確認をして展覧会を迎えるだけです。






3回生の進級制作展「未確認地展」は明後日2017年2月11日(土)から2月19日(日)の日程で開催です。
開場時間は10:00〜20:00です。

〒604-8023 京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2 


是非ご高覧ください。



2017年1月25日水曜日

2回生進級制作展

2回生の進級制作展が始まりました。

2017年1月24日(火)〜1月30日(月)
時間:9:00〜18:00
会場:京都精華大学 学内(マップに基づく)

是非ご高覧ください



ノジマ

2017年1月24日火曜日

展覧会のお知らせです


展覧会のお知らせです。



「創造的ドローイング」
作家になるために
HOW TO BE AN ARTIST

小田川柚子 城土井里奈 菊池美香 崎原倫太郎 武智陸 北浦絵里
桑園創 池野文香 梅本真衣 竹山真熙 村田のぞみ 西田葵 津田悠治
野見山澄 野中瑞樹 白井聡子 神頭優太 磯野葵 村井真美子 爲本美咲
松本歓花 大江芹香 北山善夫

2017/2/6(月)〜2/11(土)
時間:10:00〜18:00
会場:GALLERY FLEUR
〒606-8588
京都府京都市左京区岩倉木野町137
TEL:075-702-5263

本コース学生3名(上記太字)が参加する授業内企画の展覧会です。
11日(土)14:00〜より中ハシ克シゲ氏(京都市芸術大学教授)をお迎えして、公開合評を行います。










「avancer」
大東真也(本コース学生) 寺本真裕(版画コース)二人展


2017/2/14(火)~2/20(月)
時間:24時間入場可(︎最終日17:00まで)
※初日2月14日は14:00からの会場になります。

会場:多次元ギャラリー「キョロキョロ」
〒606-8366
 京都市左京区超勝寺門前町89学森舎
tel:090-7092-7009
mail:avancer1420@gmail.com
SNS:Twitter @avancer_1420


イベント情報
2月14日 chocolateday
2月15日 帰ってきた炒さん(19:00〜21:00)
2月16日 獅子脅し流し素麺(13:00〜16:00)
2月17日 季節はずれの七夕
2月18日 Q&Aコーナー
2月19日 夜店の日
2月20日 感謝祭 


会期中、作家二人が会場に住み込み24時間会場をオープンな状態にしており、1階を住居スペース、2階をホワイトキューブの展覧会会場にしています。
大変ユニークな展覧会になっていると思います。





「drawings」

  西山美なコ(非常勤講師)

2017/1/28(土)~2/19(日)
時間:11:00〜19:00
休廊:2月8日(水)〜13日(月)
January Party:1月28日(土)17:00〜19:00

会場:YoshimiArts
〒550-0002
 大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
tel:06-6443-0080 
e-mail:info@yoshimiarts.com 

本コース非常勤講師の西山美なコ先生のドローウィングの展覧会です。







「軽いという重さ」
葛本康彰(本コース卒業生)
2017/2/14(火)〜2/19(日)
時間:12:00〜19:00(※18:00まで)
最終日19日 16:00〜 Closing Party
会場:galerie 16
〒605-0021
京都府京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 3F
TEL:075-751-9238
e-mail:info@art16.net









「入念なすれ違い」
花岡伸宏(本コース卒業生)
2017/2/4(土)〜3/5(日)
※月火祝日休廊
時間:12:00〜19:00
opening reception 2/4(土)18:00〜20:00
会場:MORI YU GALLERY
〒606-8357
京都府京都市聖護院蓮華蔵町4-19
TEL:075-950-5230
mail:info@moriyu-gallery.com




是非ご高覧ください。





ノジマ










最後の授業



昨日1月23日、西教授が今年度で退官されることを記念して、退官記念授業として「最後の授業」が行なわれました。




西教授と共に今年度で退官される、立体造形コース長年勤めていただいた理論担当の森口先生にも西教授と共に授業を進行していただきました。





この日のために卒業生も駆けつけてくれ、在校生と共に一緒に受講しました。



講義は西教授がセイカに10年間勤めていた間、通勤時に毎日読んでいた朝日新聞の切抜きを元に進めていきます。
一つ一つ記事に目を通しながら、どれを学生に向けて話すのか選んでいきます。





記事の内容を話しながら、自身の10年間も一緒に振り返っていきます。

記事の内容は芸術であったり、世界の情勢についてであったり原発のことだったり。
プロレスの記事だったり。内容は様々で、当時の西教授の興味を引いたものでした。




記事について話し終わると、その記事に関心を持った学生へと渡されていきます。



そして、記事が全て無くなった後には西教授の古い写真が貼られたボードが現れ、
このボードも、最後には学生へと貰われていき、西教授の手元から離れていきます。

10年間の思い出を振り返りながら、学生へその一部を渡し、共有する。
この授業が、その後学生達が芸術と共にある事、作ることについて考える材料になれば良いなと思います。










ノジマ




2016年12月26日月曜日

工房が賑わってきました



 2,3回生も進級制作の時期になり工房が賑わってきました。


今日は木彫作品の制作を始めた学生を覗いてきました。






4回生に混じって2回生の男の子達が丸太の荒取りをしています。


4回生の方も制作が進んで全体像が見えてきました。



彼女は丸太の中を刳り抜いて人が座れるような作品を制作中です。








彼女は女の子の人体を製作中です。
全体像がはっきりと出せてきたので、あとは細い顔の表情だとかを彫り進めていきます。




そして、木彫を選択した2回生の男の子達。




彼は杉の木を使って鳥を制作予定です。
まだ荒彫りの段階なので、チョークで線を引きながらチェーンソーで大きく形を出していきます。




こちらの彼はトーテムポールのような作品を考案中。
完成予想図を見せてもらったら、とても面白そうな作品だったので今から楽しみです。





まだ作品プランを詰めている学生もいますが、年明けの進級展へ向けて着々と皆動き出しています。
寒くなって体の動きが鈍くってきますが、怪我だけはないように頑張ってほしいです。




ノジマ